「香港風味」ブックレビュー

先日、書店である本に出会った。
買わずにはいられないタイトル(自分にとって)。
なので即購入。

ウチの子になった。



遅読なので、まだ読み切ってはいないが

日常の楽しみとして少しずつ読み進めている。

(もう半分以上読み進めてしまった。終わるのが寂しい。)


ブックレビューを見ると

皆さん似たような感想を漏らしておられるのもうなづける。


読んでいると誰もが経験した覚えのある甘酸っぱさ、苦さ、例えようのない想いが蘇ってきて胸がキュンとなる。

香港の街角に佇んでいるような風景描写も素晴らしい。


旅に出たい。

そう思いながら今日もページをめくる。







センチメンタルなシノワマニア

おいしいものの記憶はいつだってセンチメンタル。 シノワマニアな管理人の日常備忘録。

0コメント

  • 1000 / 1000