大阪北部地震

その日は、中国料理倶楽部の日でした。

そろそろ教室の仕込みを始めなくては・・・

と思っていたその時。



カタカタ・・・というわずかな揺れ

ゴ―という地鳴りが同時に聞こえてきた瞬間


「来る!」と直感があり

物が倒れて来ない安全な場所に身を移して身構えていると


ドン!と下から突き上げる強烈な振動

その後、わずか数秒の揺れと同時に

携帯・テレビからアラーム音、食器の割れる音

色んな音が響き渡りました。



わずか数秒の出来事なのに

今まで経験したことのない揺れに

驚き、戸惑い、放心状態・・・。


テレビでは地震を知らせる速報が。

その後、ドキドキと心臓の鼓動が体中に響く中

友人から届くメッセージの山。


早く返信をお返ししなくては

心配されているだろうという気持ちはあるのだけど

ショックが強く、お返事を送る気が湧きあがらない。



続く余震に敏感になり

少しでもゴ―という地鳴りがなると

昼夜問わず、すぐに身構えてしまう位

敏感になったりもしました。



私の住む町は、ほぼ震源地でした。

初めての体験に、驚きを隠せず

放心状態で戸惑う事ばかりでしたが

大きな被害もなく無事でした。



こういう時こそ食養生!と

教室で使う予定だった鶏がらスープを毎日飲み続けていたら

次第に気力も回復してきて

改めて食べることの大切さも感じました。



お亡くなりの方もいたり、被害にあわれた方もたくさんいらっしゃる。

また阪神大震災を経験した方も周りにはたくさんいらっしゃってフラッシュバックしたなんて話もお聞きしました。



いつどのような災害がおこるかわからない日本に住んでいるのだと実感しました。

ついつい「自分は大丈夫」なんて根拠のないことを考えてしまいますが

関西エリアは南海トラフの警鐘が鳴らされている地域でもあります。

できることは備えておく。

肝に銘じて暮らさねばと思う出来事でした。



最後に

6月の中国料理倶楽部は地震があったため

全ての日程を休止させていただきましたこと

改めてお詫びいたします。


当日の連絡にもかかわらず

すぐにお返事いただいたり

ご心配のお声を寄せて下さったお客様には

ただただ感謝しかありません。


ありがとうございました。









センチメンタルなシノワマニア

おいしいものの記憶はいつだってセンチメンタル。 シノワマニアな管理人の日常備忘録。

0コメント

  • 1000 / 1000