7月「スープ」レッスン

6月のレッスンは地震のため休止にしましたが

皆さまからの熱い思いにお答えして

7月は予定を変更して

6月に開催するはずだったスープのレッスンを行いました。



毛湯、清湯の2種類のスープをとりました。

鶏がらの処理からスタート!

ちょっとドキドキなさっていた方もいらしたのでは?!


スープを美味しく取るためのコツもお伝えし

出来上がったスープを使って

更にもう一つのスープ(清湯)を作ります。


黄金色に輝くスープ。

このスープを使っての試食は3品。

(教室中は写真が取れないのでスープの写真はありません。)



中国料理ならではのスープ料理。

「蒸しスープ」です。

お店でいただくものよりも少しランクは落ちますが

高級な乾物をたっぷり詰め込んだ贅沢な一品です。

高級食材の「衣笠茸」も入れました。


スープ、食材それぞれの味が渾然一体となり

体にしみわたるお味となりました。

調味料は一切使わず仕上げましたが

ご家庭ではアレンジしていただけたらと思います。


ご家庭の「とっておき」として

ぜひご家族でお召し上がりいただきたいです。




続いては「蒸し魚」。

白髪ネギには熱々の油をかけてジュっと言わせるのがポイント。

周りにかかっているソースに、先ほどとったスープをたっぷり使っています。

お行儀が悪いけど、ご飯にこの魚とソースをかけて食べるのもおススメ。




最後は自家製雲吞と、自家製ダレを使って作った

「海老ワンタン麺」。

ちょっと見た目には濃いスープの色ですが

タレの量で調整できますので

それほどでもありません。





ご試食は、一品一品、コース料理のように

お席にご着席いただいてサーブさせていただきました。

こうやってサーブされて食べるとお店でいただくような気分になれます。




顆粒になっているスープストックとは違い

鶏がらからとるスープはとてもやさしい味わい。


ご家庭でもすぐに復習して

ご家族に喜んでいただいたとのお声もたくさんお聞きしました。


反響も大きかったので

またいつかスープの取り方の再レッスンを検討しますね。

(しばらくはメニューが決まっているのでおそらく来年になるかと思いますが)





センチメンタルなシノワマニア

おいしいものの記憶はいつだってセンチメンタル。 シノワマニアな管理人の日常備忘録。

0コメント

  • 1000 / 1000